マクロ 公開データ (2000.10〜2008.01)

[1015] メーラー部編集モード3点セット - kotaro <kotato@mx4.tiki.ne.jp> 01/02/03 01:13[1017] (2)メール本文編集モード - kotaro <kotato@mx4.tiki.ne.jp> 01/02/03 01:26[1018] (3) 全ての編集モードをOFF - kotaro <kotato@mx4.tiki.ne.jp> 01/02/03 01:29[1031] (3) 全ての編集モードをOFF (Bタイプ) - kotaro <kotato@mx4.tiki.ne.jp> 01/02/08 23:21[1019] (1)ヘッダ編集モード+マーク - kotaro <kotato@mx4.tiki.ne.jp> 01/02/03 01:35[1030] Re: (1)ヘッダ編集モード+マーク ver1.1 - kotaro <kotato@mx4.tiki.ne.jp> 01/02/08 23:11


Subject: [1015] メーラー部編集モード3点セット Date: Sat, 03 Feb 2001 01:13:15 +0900 From: kotaro <kotato_@_mx4.tiki.ne.jp>
浩太郎です。 ※ヘッダを頻繁に書き換える人のためのマクロです。 ※ヘッダを書き換えない人には何の御利益もありません。 [内容] (1) ヘッダ編集モード + 注目ヘッダにマーク (2) メール本文編集モード (3) 全ての編集モードをOFF #3点セットなんですが、(1)だけで良いかも(^^;? [説明] EdMaxツールボタンに用意されている ・メール編集 ・メール編集:ヘッダ書き換え許可 ・・というトルグボタンの仕様がお気に召さない場合、それを置き 換えて固定3モードで使います。 でも、ツールボタンを作るのが面倒だったりするので、そういう場 合は、(1)だけ使ってみてください。 --- 浩太郎
Subject: [1017] (2)メール本文編集モード Date: Sat, 03 Feb 2001 01:26:23 +0900 From: kotaro <kotato_@_mx4.tiki.ne.jp>
浩太郎です。 メール本文編集モード。 3点セットの続きです。 // Start of EdMax Macro OffHeaderEdit( ) ;//ヘッダ編集OFF OnMailEditMode( ) ;//メール編集ON SetFocusToView( ) ;//フォーカスをビューへ // End of EdMax Macro
Subject: [1018] (3) 全ての編集モードをOFF Date: Sat, 03 Feb 2001 01:29:07 +0900 From: kotaro <kotato_@_mx4.tiki.ne.jp>
浩太郎です。 3点セットの続きです。 (3) 全ての編集モードをOFF // Start of EdMax Macro OffHeaderEdit( ) ;//ヘッダ編集OFF OffMailEditMode( ) ;//メール編集OFF SetFocusToList( ) ;//フォーカス・リスト画面へ // End of EdMax Macro
Subject: [1031] (3) 全ての編集モードをOFF (Bタイプ) Date: Thu, 08 Feb 2001 23:21:47 +0900 From: kotaro <kotato_@_mx4.tiki.ne.jp>
浩太郎です。補足。 >(3) 全ての編集モードをOFF うちのところでは、このマクロに「閉じる」を加えて使ってます。 (1)メッセージ作成画面の時は、ウィンドウを1枚閉じる (同時にメーラー部では編集モードOFF) (2)メーラー部の時は、編集モードが OFFになる (メッセージ作成画面には影響なし) ……という趣向です。 改めて考えてみたら、メッセージ作成画面を閉じたとき、メーラー 部の編集モードが OFF になっても、困る場面はないかな?と思った ので、「閉じる」を加えたマクロも掲載しておきます。 前の版は、Aタイプ今回はBタイプということで(^^; #キーボードの割り付けは Ctrl + W でインターネットエクスプロ #ーラー5に似せてます^^; #メール本文編集モードは Ctrl + E (Edit mode) #ヘッダ編集モードは Ctrl + Shift + E #・・・で使ってます。 //======================================= // Start of EdMax Macro OffHeaderEdit( ) ;//ヘッダ編集OFF OffMailEditMode( ) ;//メール編集OFF SetFocusToList( ) ;//フォーカス・リスト画面へ ←これはお好みで削除★ CloseMessage( ) ;//閉じる // End of EdMax Macro //=======================================
Subject: [1019] (1)ヘッダ編集モード+マーク Date: Sat, 03 Feb 2001 01:35:42 +0900 From: kotaro <kotato_@_mx4.tiki.ne.jp>
浩太郎です。 (1) ヘッダ編集+マーク [機能] ヘッダ編集可能な状態します。 Subject、Date、From に行マーク&文字マークを付けます。 Subject の記入位置にフォーカスをセット メーラー部専用です。 ごちゃごちゃしたヘッダの中から、編集したいヘッダを見 つけるのが苦痛なので作成しました(^^; ------------------------------------------------ [改造したい場合] ○マークするのはSubjectだけでいい。 From とDateの工程をスキップします。 =========の線で囲まれた部分を削除して下さい。 挙動も早くなります。 ○フォーカスを、Date: の行にセットしたい。 マクロの中のSubjectとDateを入れ換えてください。 最後に検索したものが、フォーカス位置になります。 ------------------------------------------------ // Start of EdMax Macro SaveCurrentFindCondition( ) ;//保存:文字列の検索オプション OnHeaderEdit( ) ;//ヘッダ編集ON SetFocusToView( ) ;//フォーカスをビューへ //#マークを付ける処理 //=============================================================================== //#Fromにマーク FindString( TRUE , FALSE , TRUE , TRUE , TRUE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , "\\n\\n" ) ; FindString( FALSE , FALSE , TRUE , TRUE , TRUE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , "^From: " ) ; IfStringNotFound( 4 ) ;//見つからない場合 ToggleMarkedWord( ) ;//マーク文字の設定・解除(選択解除される) KeyDown( VK_HOME , 0 ) ;//行頭へ ToggleMarkedLine( ) ;//行マークを付ける・消す(選択状態の時は不可) //=============================================================================== //=============================================================================== //#Dateにマーク FindString( TRUE , FALSE , TRUE , TRUE , TRUE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , "\\n\\n" ) ; FindString( FALSE , FALSE , TRUE , TRUE , TRUE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , "^Date: " ) ; IfStringNotFound( 4 ) ;//見つからない場合 ToggleMarkedWord( ) ;//マーク文字の設定・解除(選択解除される) KeyDown( VK_HOME , 0 ) ;//行頭へ ToggleMarkedLine( ) ;//行マークを付ける・消す(選択状態の時は不可) //=============================================================================== //#Subjectにマーク FindString( TRUE , FALSE , TRUE , TRUE , TRUE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , "\\n\\n" ) ; FindString( FALSE , FALSE , TRUE , TRUE , TRUE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , "^Subject: " ) ; IfStringNotFound( 1000 ) ;//見つからない場合 SetAnchor( ) ;//アンカーの設定 ToggleMarkedWord( ) ;//マーク文字の設定・解除(選択解除される) SelectAnchorArea( ) ;//アンカー間の選択 KeyDown( VK_RIGHT , 0 ) ;//カーソル→ ToggleMarkedLine( ) ;//行マークを付ける・消す(選択状態の時は不可) RestoreCurrentFindCondition( ) ;//復元:文字列の検索オプション // End of EdMax Macro
Subject: [1030] Re: (1)ヘッダ編集モード+マーク ver1.1 Date: Thu, 08 Feb 2001 23:11:15 +0900 From: kotaro <kotato_@_mx4.tiki.ne.jp>
浩太郎です。 検索条件の保存にミスがありましたので、ほんの少し修正しました。 #修正が多いので、今回からver番号を付けます。 ****************************(1) ヘッダ編集+マーク [機能] ヘッダ編集可能な状態します。 Subject、Date、From に行マーク&文字マークを付けます。 Subject の記入位置にフォーカスをセット メーラー部専用です。 ごちゃごちゃしたヘッダの中から、編集したいヘッダを見 つけるのが苦痛なので作成しました(^^; ------------------------------------------------ [改造したい場合] ○マークするのはSubjectだけでいい。 From とDateの工程をスキップします。 =========の線で囲まれた部分を削除して下さい。 挙動も早くなります。 ○フォーカスを、Date: の行にセットしたい。 マクロの中のSubjectとDateを入れ換えてください。 最後に検索したものが、フォーカス位置になります。 ------------------------------------------------ // Start of EdMax Macro SaveCurrentFindCondition( ) ;//保存:文字列の検索オプション OnHeaderEdit( ) ;//ヘッダ編集ON SetFocusToView( ) ;//フォーカスをビューへ //#マークを付ける処理 //=============================================================================== //#Fromにマーク FindString( TRUE , FALSE , TRUE , TRUE , TRUE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , "\\n\\n" ) ; FindString( FALSE , FALSE , TRUE , TRUE , TRUE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , "^From: " ) ; IfStringNotFound( 4 ) ;//見つからない場合 ToggleMarkedWord( ) ;//マーク文字の設定・解除(選択解除される) KeyDown( VK_HOME , 0 ) ;//行頭へ ToggleMarkedLine( ) ;//行マークを付ける・消す(選択状態の時は不可) //=============================================================================== //=============================================================================== //#Dateにマーク FindString( TRUE , FALSE , TRUE , TRUE , TRUE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , "\\n\\n" ) ; FindString( FALSE , FALSE , TRUE , TRUE , TRUE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , "^Date: " ) ; IfStringNotFound( 4 ) ;//見つからない場合 ToggleMarkedWord( ) ;//マーク文字の設定・解除(選択解除される) KeyDown( VK_HOME , 0 ) ;//行頭へ ToggleMarkedLine( ) ;//行マークを付ける・消す(選択状態の時は不可) //=============================================================================== //#Subjectにマーク FindString( TRUE , FALSE , TRUE , TRUE , TRUE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , "\\n\\n" ) ; FindString( FALSE , FALSE , TRUE , TRUE , TRUE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , "^Subject: " ) ; IfStringNotFound( 5 ) ;//見つからない場合 SetAnchor( ) ;//アンカーの設定 ToggleMarkedWord( ) ;//マーク文字の設定・解除(選択解除される) SelectAnchorArea( ) ;//アンカー間の選択 KeyDown( VK_RIGHT , 0 ) ;//カーソル→ ToggleMarkedLine( ) ;//行マークを付ける・消す(選択状態の時は不可) RestoreCurrentFindCondition( ) ;//復元:文字列の検索オプション // End of EdMax Macro