マクロ 公開データ (2000.10〜2008.01)

[1022] Message-Idを付ける - kotaro <kotato@mx4.tiki.ne.jp> 01/02/04 08:04


Subject: [1022] Message-Idを付ける Date: Sun, 04 Feb 2001 08:04:26 +0900 From: kotaro <kotato_@_mx4.tiki.ne.jp>
浩太郎です。 *********************** Message-Idを付ける [機能] Message-Idの無いメールは、スレッド編集ができない場 合があります。このマクロは、時刻を元に生成した Message-Idを書き込みます。 安全のため、既にMessage-Idがある場合は、書き込みま せん。 メーラー部専用です。 【注意】必須ではありませんが、書き換えるのが Betterです。 #・・使う時は滅多にないマクロだと思いますが(^^; ----------------------------------------------- [生成するMessage-Id:の形式] このマクロを2001年2月1日7時18分49秒に実行 すると、次のようなIDを生成します。 Message-Id: <49-17-07-01-02-2001_@_id.added.on> 【注意事項】 Message-Id:は、"同じものが二つと無いこと"に意味があ るのですが、一秒間に二回実行すると同じMessage-Idが できてしまいます(^^; また、他の方と重複しないように、IDの形式は書き換える 方がベターです。マクロ中の、メッセージIDの部分(★印 の行)を、各自で書き換えてみてください。 //----------------------------------------------- // Start of EdMax Macro ActivateMailerPart( ) ;//メーラー部へ切り替え(念のため) SaveMailEditHeaderEditMode( ) ;//保存:メール編集・ヘッダ書き換え SaveCurrentFindCondition( ) ;//保存:文字列の検索オプション OnHeaderEdit( ) ;//ヘッダ編集ON SetFocusToView( ) ;//フォーカスをビューへ //-----------もし、Message-Idが見つかれば書き換えない。 FindString( TRUE , FALSE , TRUE , TRUE , TRUE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , "\\n\\n" ) ; FindString( FALSE , FALSE , TRUE , TRUE , TRUE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , "^Message-Id: <.+_@_.+>" ) ; IfStringFound( 2 ) //-----------Message-Idの書き込み KeyDown( VK_HOME , 2 ) ;//カーソル・テキスト先頭へ InsertStringEx( 0 , "Message-Id: <$S-$M-$H-$d-$m-$Y_@_id.added.on>\r\n" ) ;//←★書き換えるのがベター //「↑この一行は、エディタ部メニュー→編集→挿入→文字列」を利用しています。 RestoreCurrentFindCondition( ) ;//復元:文字列の検索オプション RestoreMailEditHeaderEditMode( ) ;//復元:メール編集・ヘッダ書き換え SetFocusToList( ) ;//フォーカス・リスト画面へ // End of EdMax Macro