マクロ 公開データ (2000.10〜2008.01)

[1041] 検索文字列をsetしFind(call元) - matsui <> 01/02/28 22:46[1043] 検索文字列をsetしFind(call先) - matsui <> 01/02/28 22:53


Subject: [1041] 検索文字列をsetしFind(call元) Date: Wed, 28 Feb 2001 22:46:45 +0900 From: matsui <>
//*********************************************************** // [概要] // 選択部を条件として文字列の検索を実行します。 // 「FindExe.mac」を加工し該当マクロを実行します。 // 改行を含んだ文字列の検索は行なえません。(マクロが異常終了します) // // [要 修正] // OpenFileMessageの部分をEdMaxのmacroフォルダのパスに修正します。 // // [使用方法] // 検索条件とする部分を選択した状態で実行します。 //*********************************************************** // Start of EdMax Macro CHAR MacroComment[] = "FindCall.mac 文字列検索(call)" // #----------------------* Prolog SaveCurrentFindCondition( ) ; //保存:検索条件 SetFocusToEditor( ) ; //フォーカス・メッセージ作成画面へ // #----------------------* 検索条件のsave(未選択状態は "" の状態となる) ClearClipboard( ) ; //クリップボードをクリア CopyString( ) ; //コピー InsertStringEx( 4 , "\"" ) ; //挿入:文字列(クリップボードの文頭) InsertStringEx( 5 , "\"" ) ; //挿入:文字列(クリップボードの文末) KeyDown( VK_RIGHT , 0 ) ; //→キー(選択範囲解除) // #----------------------* FindExe.macの加工 //ファイル:開く(パスは環境により異なります) OpenFileMessage( "C:\\PemSoft\\Macro\\FindExe.mac" , FALSE ) ; // ~~~~~~~~~~~EdMaxインストールパスに修正します(\\に注意) KeyDown( VK_END , 2 ) ; //Ctrl+Endキー //文字列の検索(前を検索) FindString( FALSE , FALSE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , FALSE , TRUE , FALSE , "\"" ) ; KeyDown( VK_RIGHT , 0 ) ; //→キー SetAnchor( ) ; //アンカーの設定 KeyDown( VK_LEFT , 0 ) ; //←キー("の前へ移動) //文字列の検索(前を検索) FindString( FALSE , FALSE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , FALSE , TRUE , FALSE , "\"" ) ; KeyDown( VK_LEFT , 0 ) ; //←キー SetAnchor( ) ; //アンカーの設定 SelectAnchorArea( ) ; //アンカー間を選択 PasteString( ) ; //貼り付け SaveMessageToFile( ) ; //上書き保存 CloseFileNoConfirmation( ) ; //保存確認せずに閉じる // #----------------------* FindExe.macの呼び出し CallMacro( FindExe ) ; // #----------------------* Epilog RestoreCurrentFindCondition( ) ; //復元:検索条件 // End of EdMax Macro
Subject: [1043] 検索文字列をsetしFind(call先) Date: Wed, 28 Feb 2001 22:53:13 +0900 From: matsui <>
//*********************************************************** // [概要] FindExe.mac // 「FindCall.mac」で条件を編集され、callされます。 //*********************************************************** // Start of EdMax Macro CHAR MacroComment[] = "FindExe.mac 文字列検索(FInd)" FindString( TRUE , FALSE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , FALSE , TRUE , FALSE , "EdMax" ) ; // End of EdMax Macro