マクロ 公開データ (2000.10〜2008.01)

[1055] 返信メールリストアップ - 麻宮アテナ様親衛隊長 <psychosoldier@geocities.co.jp> 01/10/21 15:35[1056] ちょこっと修正。 - 麻宮アテナ様親衛隊長 <psychosoldier@geocities.co.jp> 01/10/22 09:39


Subject: [1055] 返信メールリストアップ Date: Sun, 21 Oct 2001 15:35:46 +0900 From: 麻宮アテナ様親衛隊長 <psychosoldier_@_geocities.co.jp>
注意事項 1.http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/7492/SubTmpMacCmd1Mk.html  の内容からSubTmpCmd1Mk.macを作成し、TmpCmd1.macも作成しておいてください。  (TmpCmd1.macはファイルがあればOKです。内容は関係ありません)) 2.ヘッダ表示項目に「Message-Id:」が含まれていない場合は誤動作します。 // Start of EdMax Macro CHAR MacroComment[] = "選択しているメールに対する返信をリストアップする。\r\nCopyright (C) 2001 麻宮アテナ様親衛隊長" // 前処理 ActivateMailerPart( ) ; //メーラー部へ切替え SetFocusToView( ) ; //フォーカス:ビュー画面へ SaveCurrentFindCondition( ) ; SaveCurrentQueryCondition( ) ; // Message-Id取り出し KeyDown( VK_HOME , 2 ) ; FindString( TRUE , FALSE , FALSE , TRUE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , TRUE , "\\n\\n" ) ; FindString( FALSE , FALSE , FALSE , TRUE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , TRUE , "^Message-ID: " ) ; KeyDown( VK_RIGHT , 0); SetAnchor( ) ; FindString( TRUE , FALSE , FALSE , TRUE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , TRUE , ">" ) ; KeyDown( VK_RIGHT , 0); SetAnchor( ); SelectAnchorArea( ); CopyString( ) ; // この時点でクリップボードは<選択しているメールのID> // In-Reply-To: <選択しているメールのID>のクエリー構文に変換 InsertStringEx( 4 , "DoQuery( FALSE , FALSE , TRUE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , 2 , 2 , \"In-Reply-To: "); InsertStringEx( 5 , "\" , \"2001/11/30\" , \"2001/11/30\" , FALSE , FALSE , FALSE , FALSE , FALSE , 1 ) ;\r\n"); // 一時マクロファイルに保存してクエリー実行 CallMacro ( SubTmpMacCmd1Mk ); CallMacro ( TmpMacCmd1 ); // 後処理 RestoreCurrentFindCondition( ) ; RestoreCurrentQueryCondition( ) ; // End of EdMax Macro
Subject: [1056] ちょこっと修正。 Date: Mon, 22 Oct 2001 09:39:22 +0900 From: 麻宮アテナ様親衛隊長 <psychosoldier_@_geocities.co.jp>
少々修正しました。 注意事項 1.http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/7492/SubTmpMacCmd1Mk.html の内容からSubTmpCmd1Mk.macを作成し、TmpCmd1.macも作成しておいてください。 (TmpCmd1.macはファイルがあればOKです。内容は関係ありません)) 2.選択したメールに自分で返信をつけている場合、送信ログ内のメールも検出されます。 // Start of EdMax Macro CHAR MacroComment[] = "選択しているメールに対する返信をリストアップする。\r\nCopyright (C) 2001 麻宮アテナ様親衛隊長" // 前処理 ActivateMailerPart( ) ; SetFocusToView( ) ; SaveCurrentFindCondition( ) ; SaveCurrentQueryCondition( ) ; SaveMailEditHeaderEditMode( ) ; OnHeaderEdit( ) ; // Message-Id取り出し KeyDown( VK_HOME , 2 ) ; FindString( TRUE , FALSE , FALSE , TRUE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , TRUE , "\\n\\n" ) ; FindString( FALSE , FALSE , FALSE , TRUE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , TRUE , "^Message-ID: " ) ; IfStringNotFound( 11 ); KeyDown( VK_RIGHT , 0); SetAnchor( ) ; FindString( TRUE , FALSE , FALSE , TRUE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , TRUE , ">" ) ; KeyDown( VK_RIGHT , 0); SetAnchor( ); SelectAnchorArea( ); CopyString( ) ; // In-Reply-To: <選択しているメールのID>のクエリー構文に変換 InsertStringEx( 4 , "DoQuery( FALSE , FALSE , FALSE , FALSE , FALSE , FALSE , FALSE , 2 , 2 , \"In-Reply-To: "); InsertStringEx( 5 , "\" , \"2001/10/26\" , \"2001/11/30\" , FALSE , FALSE , FALSE , FALSE , FALSE , 1 ) ;\r\n"); // 一時マクロファイルに保存してクエリー実行 CallMacro ( SubTmpMacCmd1Mk ); CallMacro ( TmpMacCmd1 ); // 後処理 RestoreCurrentFindCondition( ) ; RestoreCurrentQueryCondition( ) ; RestoreMailEditHeaderEditMode( ) ; // End of EdMax Macro