マクロ 公開データ (2000.10〜2008.01)

[1007] ヘッダーCM削除のUndo - matsui <> 00/10/23 23:00


Subject: [1007] ヘッダーCM削除のUndo Date: Mon, 23 Oct 2000 23:00:47 +0900 From: matsui <>
matsui です。 Subject: [1004] ヘッダーCM削除(先頭〜空白行) のマクロで 誤って削除してしまった場合の undo用マクロです。 ------ この次の行から //*********************************************************** // ヘッダーCM削除のUndo // // [説明] // ヘッダーCM削除とペアで使用しで削除した内容を復元します。 // (クリップボード内の情報を文頭に貼り付けます。) // // [補足] // 「ヘッダーCM削除」後に複写や切り取りを行った場合は、復元できません。 // // 操作記録手順は下記URLを参照ください。 // http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/7492/ExHdCmCutUndo.html // // [履歴] // 2000/10/23 マクロのテキスト化 // 2000/04/28 新規作成 //*********************************************************** CHAR MacroComment[] = "文頭〜空白行までを、CM(不要部)と判断し削除\r\n2000/10/23 written by matsui" CHAR MacroComment[] = "クリップボードの値を文頭に貼り付ける\r\nHdCmCut.mactpペアで使用\r\n2000/10/23 written by matsui" // *----------------------* 設定の保存 SaveCurrentAutoFormSwitch( ) ; OffAutoForm( ) ; SaveMailEditHeaderEditMode( ) ; OnMailEditMode( ) ; SaveCurrentFindCondition( ) ; // *----------------------* View画面の先頭行へ位置付け SetFocusToView( ) ; SelectAllString( ) ; KeyDown( VK_LEFT , 0 ) ; // *----------------------* 文頭に貼り付け FindString( TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , TRUE , FALSE , FALSE , FALSE , FALSE , "\\n\\n" ) ; KeyDown( VK_RIGHT , 0 ) ; PasteString( ) ; // *----------------------* フォーカスをリスト画面へ SetFocusToList( ) ; // *----------------------* 設定の復元 RestoreCurrentFindCondition( ) ; RestoreMailEditHeaderEditMode( ) ; RestoreAutoFormSwitch( ) ;